商品情報

グリーンウッドワーク 生木で暮らしの道具を作る

グリーンウッドワーク 生木で暮らしの道具を作る

 「グリーンウッドワーク」とは、乾燥していないみずみずしい生木を手道具で割ったり削ったりして、暮らしの道具を作る木工のこと。欧米発祥で、年々人気が高まっており、近年は日本でも注目を集めています。電動工具や大型の工作機械を使わないため、安全だし大きな音を出さずに作業できます。環境にも優しく、誰でもどこでも手軽に楽しめる、DIY向きの木工です。本書は、そんな「グリーンウッドワーク」の魅力とテクニックをたっぷり詰め込み、本格的に解説する日本初のガイドブックです。
 主な道具や材料の紹介はもちろん、木の伐り方や割り方、斧とナイフの使い方、塗装方法などグリーンウッドワークをはじめる上で知っておきたい基礎知識をていねいに紹介。とくにナイフワークは、基本から応用まで13種類の削り方を豊富な画像とともに紹介しており、用途に合わせた削り方を学べます。
 暮らしを豊かにする木の日用品の作り方も多数掲載。箸、スプーン、皿、お盆、スパイスボトル、子ども椅子など、やわらかい生木を使って手で作るからこそできる繊細で優しい形の日用品が作れるようになります。生木で作った作品は、時間がたつと乾燥して縮んだり、ゆがんだりする特性もまた白く、使い込んでなじんでいくモノづくりを楽しめます。
 伝統的な木工と現代的なエッセンスが融合した「古くて新しい木工」をこの本で感じ取り、実践してみてください!

【CONTENTS】
・グリーンウッドワークに使う道具
・グリーンウッドワークに使う材料
・グリーンウッドワークの基本
① 伐る技術 ② 割る技術 ③ 斧の技術 ④ ナイフの技術
⑤ センと削り馬の技術 ⑥ 塗る技術 ⑦ 研ぐ技術

・日用品を作る
① 箸 ② スプーン ③ 豆皿 ④ 箸箱
⑤ スパイスボトル ⑥我谷盆(わがたぼん) ⑦ 子どもスツールと子ども椅子

[Special topic]イギリスのスプーンフェスから日本のさじフェスへ
~世界に広がるグリーンウッドワーク・ムーブメント
[Special topic]「我谷盆」
~日本伝統のグリーンウッドワークを訪ねる
[巻末資料]グリーンウッドワーク情報集

著者プロフィール
久津輪 雅(くつわ・まさし)

1967年生まれ、福岡出身。20代はNHKディレクターとして「クローズアップ現代」などを担当。30代で木工に転じイギリスで家具職人に。40代からは岐阜県立森林文化アカデミーで木工教員。グリーンウッドワークの研究・開発・普及をライフワークにしている。海外の木工家を招いて講座を企画したり、自ら海外で講座や講演を行うなど、国際交流にも力を入れている。

ショップ学研プラス amazon
2019年08月29日発売
ISBN:978-4-05-801072-3
定価:本体2400円+税




関連記事

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る