1. 有孔ボード(ゆうこうぼーど)

    ゆうこうぼーど 均等な間隔で同じ大きさの穴が開いている合板。吸音効果があり、音響ルームなどの壁材に使われるほか、穴にフックを取り付け、インテリア収納を作成することもできる。

    続きを読む
  2. U字溝(ゆーじこう)

    ゆーじこう コンクリートなどで作られる連結式の排水溝。断面がU字型からきた名称。JIS規格で定められた、さまざまな大きさがある。

    続きを読む
  3. 遣り方(やりかた)

    やりかた 基礎工事の前に基礎配置、柱の中心、高さなどを表示するために設置する仮設物のこと。仕上がりの外周からひと回りほど外側の四隅など要所に杭を打ち、高さを示す板など打ちつけ、板と板の間に水糸を張るのが一般的。

    続きを読む
  4. 屋根材(やねざい)

    やねざい 建築物の屋根を構成する素材。その中でも上部に覆いとして取り付ける素材を指す。瓦、スレート、ポリカーボネート、ガルバリウム鋼板、アスファルトシングルなど多様な素材がある。

    続きを読む
  5. やっとこ

    やっとこ やっとこばさみともよばれ、針金や板金をつかむための工具。ラジオペンチに似ているが針金を切断する機能などはなく、物をつかむことに特化したものをさす。鍛造や板金作業でよく使われる。

    続きを読む
  6. 山砂(やますな)

    やますな 山でとれる砂。園芸用土としては保水性や排水性に優れ、やや黄色い色を持つ。そのためモルタルやコンクリートの骨材としては基本的に川砂が使用される。

    続きを読む
  7. ヤスリ

    やすり 金属や木材を研磨する工具や道具全般を指す。断面形状が平、丸のもの等種類がある。また刃の配列によって単目、複目などと呼ばれる。大きく削り取る際には粗目などといった目の粗い番手を選ぶなど、使用用途、材質によって選択肢が多い。

    続きを読む
  8. モンキーレンチ

    もんきーれんち 締結工具の一種。ボルトやナットをつかむ部分の幅を調整できるレンチ。正式名称はアジャスタブルレンチという。

    続きを読む
  9. モルタル混和剤(もるたるこんわざい)

    もるたるこんわざい モルタルはセメントと水、骨材を混ぜて作成、使用するものだが、天候や気温、湿度によって固まりにくくなったり、急速な乾燥でひび割れたりしてしまう。モルタル混和剤はそのようなアクシデントを防ぐために、あらかじめモルタルに混ぜ込んでおく薬剤の総称。

    続きを読む
  10. モルタル

    もるたる 一般に、セメントと砂、水を練り混ぜたセメントモルタルをいう。ほかに石灰モルタル、アスファルトモルタルなどがある。レンガ積みの目地や、壁の下塗りや上塗りなどに使用。

    続きを読む

ドゥーパ!SNS

facebook









ページ上部へ戻る