1. 雄ネジ

    おねじ円筒または円錐の外側に溝(ネジ山)の切ってあるもの。一般的なネジ、ボルトのこと。ネジのていねいな言い方というわけではない。

    続きを読む
  2. 鬼目ナット

    おにめなっと木材等に使用する埋め込みナット。内側にネジ山やギザギザ状の出っぱりが切られており、木材など部品強度が弱く、それ自体で雌ネジを作れない部分に挿入して使用する。打ち込み式とねじ込み式がある。

    続きを読む
  3. 押さえ

    おさえ左官作業の最終仕上げで、コテを使って、ていねいに押さえるようにならすこと。

    続きを読む
  4. 大谷石

    おおやいし栃木県宇都宮市大谷町付近を産地とする、軽石凝灰岩で、柔らかく加工がしやすい。さらに耐火性も備えているため外壁や土蔵、塀などの建材として使用されてきた。

    続きを読む
  5. オービタル機能

    おーびたるきのうジグソーの機能の一つ。オービタル機構とも。刃の部分が木材の切断の際に上下だけではなく前後にも動く。切断スピードは上がるが切断面が若干荒くなり、曲面切断時には向かない。

    続きを読む
  6. オーク

    おーく日本では楢(ナラ)とよばれる樹種で、いわゆる“どんぐりの木”。硬く、木目もきれいな上に加工しやすく家具や床材などによく使われる。亜熱帯から亜寒帯まで広く分布し、産地によって木質や色が違う。通常のオーク(ナラ材)のほかに、ホワイトオークやレッドオークなど、多数の種類がある。

    続きを読む
  7. 塩ビ管(VU、VP)

    えんびかん塩化ビニル樹脂を基本的な原料とした配管材料。 「塩化ビニル管」を縮めて塩ビ管と呼ぶ。 腐食に強く耐久性がありながら比較的コストも低いため、水道管や電線管等幅広く使用される。硬質ポリ塩化ビニル管(VU)、水道用硬質ポリ塩化ビニル管(VP)などの種類がある。

    続きを読む
  8. 塩ビカッター

    えんびかったー塩ビ管を切断するための専用の工具。様々なパイプ径に対応でき、切断面もきれいに加工できるため後の工作が容易になる。塩ビ管カッターともいう。

    続きを読む
  9. エントランス

    えんとらんす建物の入口や表玄関を指し、複数の入口がある場合は最も大きい入口を言う。目立つ箇所であることから、客人を迎えるための装飾などを施し、DIYでも人気の施工場所。

    続きを読む
  10. エルボ

    えるぼ水道や煙突などのパイプ材の、 L字状(90°)になっているパーツや箇所をさす。

    続きを読む
▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る