1. レンチ

    れんち ボルト・ナットを回したり、締めたり緩めたりするときに使う道具。片側がY字形に開いたスパナ、もう片方が閉じた輪になったメガネという組み合わせのレンチが一般的で、片目片口レンチ(コンビネーションレンチ)と呼ぶ。

    続きを読む
  2. レンガチップ

    れんがちっぷ 庭などに撒く敷き材の一種でレンガを粒状に砕いたもの。

    続きを読む
  3. レンガゴテ

    れんがごて レンガを積むために、モルタルをすくってはレンガの上に載せていく作業に合わせ、ハート形が特徴のコテ。

    続きを読む
  4. レンガ

    れんが 粘土を主原料として成形し、それを焼いて作ったブロック状のもの。標準的な大きさは210×100×60㎜。

    続きを読む
  5. レベル

    れべる 水平のこと。または水平を記すこと。「レベルを確認する」「レベルを出す」といったように使う。水平器や水準器を「レベル」と呼ぶこともある。

    続きを読む
  6. レッドシダー

    れっどしだー ウエスタン・レッドシダーの略称。

    続きを読む
  7. レッドオーク

    れっどおーく ブナ科の広葉樹で、広くオーク(ナラ)と呼ばれるものの一種。材に赤みがかかっており、適度に堅く加工性もあるが、耐久性でホワイトオークに劣るといわれている。

    続きを読む
  8. レシプロソー

    れしぷろそー セーバーソーとも呼ばれる、電動工具の一種。ジグソーより大型の刃を用いて、往復運動するノコ刃により金属や木材を切断する。本体は細長いものが多く、手動のノコギリと同じような持ち方で作業ができる。

    続きを読む
  9. レイアウト

    れいあうと ウッドデッキや庭全体、小屋の床面などの広さのある面に、配置するものを決める行為。または、それらを平面で見たデザインのこと。

    続きを読む
  10. レーキ

    れーき 熊手や手把(しゅは)に似た、長い柄の先に爪を取りつけた道具。砂利や石ころをかき集めたり、地面をならしたりするために用いる。

    続きを読む

ドゥーパ!SNS

facebook








ページ上部へ戻る