1. モンキーレンチ

    もんきーれんち 締結工具の一種。ボルトやナットをつかむ部分の幅を調整できるレンチ。正式名称はアジャスタブルレンチという。

    続きを読む
  2. モルタル混和剤(もるたるこんわざい)

    もるたるこんわざい モルタルはセメントと水、骨材を混ぜて作成、使用するものだが、天候や気温、湿度によって固まりにくくなったり、急速な乾燥でひび割れたりしてしまう。モルタル混和剤はそのようなアクシデントを防ぐために、あらかじめモルタルに混ぜ込んでおく薬剤の総称。

    続きを読む
  3. モルタル

    もるたる 一般に、セメントと砂、水を練り混ぜたセメントモルタルをいう。ほかに石灰モルタル、アスファルトモルタルなどがある。レンガ積みの目地や、壁の下塗りや上塗りなどに使用。

    続きを読む
  4. 木工用接着剤(もっこうようせっちゃくざい)

    もっこうようせっちゃくざい 酢酸ビニル系に分類される水溶性の接着剤で、扱いやすくDIYでは幅広く使用される。木工でクギ打ちなどをしない場合は、硬化過程でクランプやハタガネを使って圧着させることが多い。

    続きを読む
  5. モザイク

    もざいく 専用の小片タイルや、ガラス、金属などの細片を壁や床に張りつけて作った図形や模様。

    続きを読む
  6. 木蝋(もくろう)

    もくろう ハゼノキの果皮から抽出された天然の蝋成分。和ろうそくの材料として、かつてはさかんに生産された。DIYではおもに木工作品のツヤ出しワックスとして使用する。別名「ジャパンワックス」。

    続きを読む
  7. 木目(もくめ)

    もくめ 木を製材したときに現れる、年輪などの模様。樹種によって木目に特徴があり、丸太のどこを切り出したかでも木目は変わる。「きめ」とよぶ場合もある。

    続きを読む
  8. 木ネジ(もくねじ)

    もくねじ DIYで木材の接合に使う金物の代表格。「コーススレッド」、「ビス」などとも呼ばれる。木材にねじ込みやすいよう、ボディにはネジ山が切られ、頭は十字穴(プラス)またはすりわり(マイナス)になっているネジ。

    続きを読む
  9. 木造軸組工法(もくぞうじくぐみこうほう)

    もくぞうじくぐみこうほう 在来工法の別称。

    続きを読む
  10. モールディング

    もーるでぃんぐ 家屋や家具などの縁や段差にある連続した装飾。モール材と呼ばれる飾り縁を指すこともある。

    続きを読む

ドゥーパ!SNS

facebook








ページ上部へ戻る