1. 面取り(めんとり)

    めんとり 木材の角を削って見映えよくすること。また角を丸くすることで手触りをよくする。実用的な仕上げでは欠かせない。

    続きを読む
  2. 雌ネジ(めねじ)

    めねじ 穴の内側に、ネジ(雄ネジ)の入る溝が切ってあるもの。ボルトとナットの関係でいうと、ナットのほうをいう。

    続きを読む
  3. 目止め(めどめ)

    めどめ 木材の塗装において、塗料の吸収を抑えたり、平滑にするために砥の粉や目止め剤を塗布すること。シーラーやプライマーでの下地塗装も指す。

    続きを読む
  4. 目違い(めちがい)

    めちがい 二つの部材を接合したとき、両部材に段違いが生じること。これを削って平滑にすることを「目違いを払う」という。

    続きを読む
  5. 目立て(めたて)

    めたて ノコギリの歯やチェンソーのブレード、やすりなどを調整し、切れ味を鋭くするための作業。

    続きを読む
  6. メッシュパネル

    めっしゅぱねる ワイヤーネットとも呼ばれ、アルミやステンレスのワイヤーを一定の間隔でマス目にしたパネル状の部材。100円均一ショップやホームセンターで手に入り、フックをかけることで収納としたり、インテリアに活用できる。

    続きを読む
  7. メジャー

    めじゃー 目盛りの付いた金属製のテープの巻尺。テープの先のツメを測りたいものの先端に引っかけ、出てきたテープの目盛りで長さを確認する。ツメを外せば自動的にテープは本体に戻る。ほとんどのものがロック機構を備え、ツメが外れても勝手に戻らないようになっている。

    続きを読む
  8. 目地材(めじざい)

    めじざい 目地に充填する材料のこと。接着剤やモルタル、珪砂など、素材やデザイン、場所によって材料を選ぶ。

    続きを読む
  9. 目地ゴテ(めじごて)

    めじごて レンガ積みなどの目地をならしたり、押さえたりするための幅の狭い、細長い形状のコテ。

    続きを読む
  10. 目地(めじ)

    めじ レンガやタイル、コンクリートブロックなどを敷き並べる・積むときにできるすき間、継ぎ目のこと。目地の幅のあけ方や目地を埋める素材・色によって、さまざまなデザインが可能になる。

    続きを読む

ドゥーパ!SNS

facebook








ページ上部へ戻る