1. ハンマー

    はんまー 柄に重い頭のついた、物を打ちつけたり、つぶしたりする道具の総称。カナヅチが代表的だが、頭部は目的によって木製、プラスチック製、ゴム製などがあり、サイズも大小さまざまある。

    続きを読む
  2. バンドクランプ

    ばんどくらんぷ 額縁などの四角い枠状のものや、パイプなど円形のものを接着または固定する際に使われるクランプの一種。

    続きを読む
  3. 番手(ばんて)

    ばんて ヤスリ(サンドペーパー)の粒度や、糸の太さなど、各種素材やツールの大きさ、太さなどを表す数値の基準。一般的には、数字が大きくなると細く、細かくなる。

    続きを読む
  4. バリ

    ばり 木材を切断したり、貫通穴をあけたりした際、端にできるささくれや出っ張りのこと。きれいに仕上げたい場合は端材などを捨て板にして下に敷いたり、途中まで切り進み裏側から切るなどの方法がある。できてしまった場合はヤスリがけする。

    続きを読む
  5. 梁(はり)

    はり 建物の骨組みの一種。柱上にかけわたして固定する水平方向の部材。通常、棟に対して直交するのが梁、並行するのを桁(けた)という。

    続きを読む
  6. 嵌め殺し(はめごろし)

    はめごろし はめた後、開け閉めできないように固定した窓や戸。

    続きを読む
  7. 羽目板(はめいた)

    はめいた 建築物の壁面などに、並べて張る板材。羽目板を重ねず同一平面に並べて張る方法を「羽目張り」や「羽目板張り」という。

    続きを読む
  8. 破風板(はふいた)

    はふいた 屋根の先端に付けた棟木の木口を保護する板材。

    続きを読む
  9. 幅木、巾木(はばき)

    はばき 壁の下部、床に接する箇所に取りつける、帯状の板。

    続きを読む
  10. パネルデッキ

    ぱねるでっき テラスやベランダ、バルコニーに置くユニット床材。これを何個か組み合わせて置くだけで、ウッドデッキ風の床が出来上がる。

    続きを読む

ドゥーパ!SNS

facebook









ページ上部へ戻る