1. ノロ

    のろ セメントを水で溶いたセメントペーストのこと。タイルなどを張る際の下地に使われる。ノロを塗ることを「ノロ引き」という。

    続きを読む
  2. 法(のり)

    のり 切通しの道や、盛り土の側面などの斜面のこと。法面(のりめん)。

    続きを読む
  3. ノミ、鑿

    のみ 柄と刃からなり、叩いたり突いたりして木や石などに穴をあけたり削ったりする手道具の総称。叩きノミと突きノミの2種類に大別でき、サイズは刃幅違いで多数の種類がある。

    続きを読む
  4. 野地板(のじいた)

    のじいた 屋根を張るときの下地として、垂木(たるき)の上に張る板。かつてはスギの幅広板を使っていたが、現在は合板を使うことが多い。

    続きを読む
  5. 鋸挽き仕上げ(のこびきしあげ)

    のこびきしあげ 金ノコで挽いた跡をそのまま生かした仕上げ。

    続きを読む
  6. ノコ刃径(のこばけい)

    のこばけい 電動丸ノコで使用するノコ刃の直径のこと。さまざまな大きさのノコ刃が市販されているが、165㎜と190㎜のものが標準的な刃径。

    続きを読む
  7. ノコギリ、鋸

    のこぎり 薄い鉄板の縁に刃(歯)を刻み、木材や金属などを切断するのに用いる手道具の総称。電動ノコギリに対して「手ノコ」「手びきノコ」と呼ぶこともある。片刃ノコ、両刃ノコ、畔引きノコなどのバリエーションがある。

    続きを読む
  8. ノギス

    のぎす パイプや丸脚といった円形の直径を測るときに便利な定規。円形でなくとも材の厚さなどの正確な数値を求めるときにも用いられる。直定規のようにあてて数字を読むのではなく、アゴで物を挟んで数字を読む。外径のほかに内径や穴の深さも測ることができる。

    続きを読む

ドゥーパ!SNS

facebook









ページ上部へ戻る