1. 軟材(なんざい)

    なんざい軟らかい木材のこと。おもに針葉樹からとれたものを言う。細胞構造の違いで広葉樹に比べて、比較的軟らかいためこのように呼ばれている。

    続きを読む
  2. 倣い目、ならい目(ならいめ)

    ならいめ、じゅんめ木目に沿って削っている状態のことで、削りやすく美しく仕上がる。「順目(じゅんめ)」ともいう。

    続きを読む
  3. ナラ

    なら木材の一種。どんぐりの木としてなじみ深いが、国産のナラは建築用木材としては流通量が少なく、とくに北海道産は高級材。海外では「オーク」と呼ばれる。

    続きを読む
  4. 波板(なみいた)

    なみいたトタンなどの金属や塩ビ、ポリカーボネートなどの材質のもので、曲線の凸凹が連続して波打つように成形されたもの。屋根材などに利用されることが多く、取りつける際は傘クギやフックボルトなどで止めて使用する。

    続きを読む
  5. 生コン(なまこん)

    なまこん生コンクリートの略称。コンクリート製造工場で水まで混合され、コンクリートミキサー車で固まらない状態で現場まで運ばれるコンクリート。

    続きを読む
  6. 那智黒(なちぐろ)

    なちぐろ石材の一種。碁石の材料としても使われる。黒色で、磨くと綺麗な光沢があり、玉砂利状のものが庭石として使われる。

    続きを読む
  7. ナット

    なっと締結部品の一つ。穴の内側に溝が切られていて、ボルトと組み合わせて使用する事が多い。六角柱をした六角ナットが一般的。さまざまな規格があるため確認しながら使用する。

    続きを読む
  8. 長押(なげし)

    なげし柱を水平方向につなぐ日本建築に見られる部材。柱間を渡すように組付ける横木。鴨居の上にかぶせたりもする。本来は構造材のひとつとされるが、現在では装飾的な意味合いが強い。

    続きを読む
  9. 長手(ながて)

    ながて 長方形の枠組みや板材などの2辺の長いほうを長手(ながて)、短いほうを妻手と呼ぶ。曲尺(さしがね)やスコヤのようにL字型をしたものも同様に長いほうが長手で、短いほうが妻手となる。

    続きを読む

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る