1. 蝶番(ちょうばん、ちょうつがい)

    ちょうばん、ちょうつがい丁番(ちょうばん)、ヒンジとも呼ばれる。建具や家具の扉や開き戸の開閉部分に使われる部品。材質、形状はさまざまだが、1本の軸を中心に左右に開く平蝶番がもっとも一般的。

    続きを読む
  2. 調湿材(ちょうしつざい)

    ちょうしつざい湿度を調整して、構造材の腐食やシロアリ害を防ぐために使用するもの。おもに床下に用いられ、その場合は床下調湿材と言う。木炭や珪藻土、ゼオライトなどの自然素材を使用することが多い。

    続きを読む
  3. チャンネル

    ちゃんねる形鋼の一種で断面が「コ」形に近い。溝形鋼ともいうが、一般にはチャンネルと呼ばれることが多い。断面が「C」形に近いものもあり、その場合はシーチャンネルとも呼ばれている。

    続きを読む
  4. チギリ

    ちぎり無垢材(一枚板)に出てしまう割れや節の隙間に埋め込む木片。またはその技法のこと。割れの進行をくい止めたり節を埋める目的のほか、意匠的なアクセントに用いることもある。広義での継ぎ手の一種といえる。埋め込む木片は蝶ネクタイのような形が一般的だが、割れを防ぐことができれば、他の形でも構わない。

    続きを読む
  5. チーク

    ちーくクマツヅラ科の落葉広葉樹。高級木材として有名で、ウォールナット、マホガニーとともに世界三大銘木のひとつと言われる。比較的加工がしやすいが堅く強く、材質自体に油分があり耐久性がある木材。乾燥後は裂けにくく、くるいが出にくい。

    続きを読む
  6. 散り(ちり)

    ちり2つの部材がわずかに不揃いに置かれたときの、ずれている部分をいう。平板や飛び石が地表に出た部分も散りと呼ぶ。これを解消することを「散りを払う」といい、意図的に散りを設けることを「散りをつける」という。

    続きを読む
  7. チョークライン

    ちょーくらいん材料に線を引くときに用いる道具。チョークの粉のついた糸を、先端のカルコ(ピン)を材に刺して固定し、糸を弾いて直線を墨付けする。同じ原理の道具として古くから墨壺が有名だが、チョークの粉は失敗しても消せるため、DIY初心者にはチョークラインのほうが便利。

    続きを読む
  8. チップソー

    ちっぷそー丸ノコやテーブルソーなどに使う刃の一種で、刃先にはカーバイトなど超硬質なチップが使われ切断力が高い。

    続きを読む
  9. チェンソー、チェーンソー

    ちぇんそーおもに木の伐採、丸太の切断・加工などに使う道具。多数の小さな刃のついたチェーンを回転させる。エンジン式と電動式がある。一般には「チェーンソー」として知られるが、業界では「チェンソー」と呼ぶ場合が多い。

    続きを読む

ドゥーパ!SNS

facebook








ページ上部へ戻る