1. スレート

    すれーと建築資材として主に屋根材に使用される、板状の石材のこと。天然の石の場合もあるが、現在はセメントを主原料として成形されたものが多い。

    続きを読む
  2. スライド丸ノコ(すらいどまるのこ)

    すらいどまるのこ工具そのものをスライドさせるレールと、材料に沿わせるガイドがついている据え置き型の丸ノコ。ノコ刃を上下・斜め、奥・手前とスライドさせて木材等を切断することができる。安定しているため高い精度が求められる切断に向いている。

    続きを読む
  3. 炭(すみ)

    すみ木材などの有機物が蒸し焼きになり炭化することで得られる、炭素を主成分とする可燃物である。元となった材料の違いでさまざまな種類があるが、DIYにおいてはバーベキュー炉や囲炉裏、アウトドアストーブなどの製作物の燃料に用いたり、建物の調湿・消臭、水のろ過など幅広く使用される。

    続きを読む
  4. スパナ

    すぱなボルトやナットを締め付ける工具の一つ。もともとはレンチと同一の工具を指す言葉だが、日本では先端が幅の決まったY字形に解放されているものをスパナ、それ以外の形状をレンチと呼ぶことが多い。

    続きを読む
  5. ステンシル

    すてんしるテンプレート(型紙)を使って、図形や文字を塗る(描く、染める)技法のこと。

    続きを読む
  6. スタイロフォーム

    すたいろふぉーむ発泡プラスチック系の断熱材の一種で、スタイロフォームは商品名だが通称となっている。ポリスチレンを主原料に発泡成型したボード状の断熱材で、吸水性が少なく、軽く、優れた断熱性を誇る。主に床や外壁などに用いられる建築部材としてホームセンターなどで購入可能。

    続きを読む
  7. スジカイ、筋交い

    すじかい構造物の強度や耐震性を高めるために柱と柱の間に斜めに入れて、建築物や足場の構造を補強する部材。

    続きを読む
  8. スクレーパー

    すくれーばー土木工事などに使う掘削機という意味もあるが、DIYでは主にゴミや塗膜を削ったり、こそげとる刃状やへら状の工具のことをいう。

    続きを読む
  9. 水性ニス(すいせいにす)

    すいせいにす溶剤に水を用いるワニスの略称。水性ニスは用具の手入れも水で行うことができ、主に屋内木部材に使用される。

    続きを読む
  10. 水性塗料(すいせいとりょう)

    すいせいとりょう塗料の中で、溶剤に水を用いるものを指す。用具の手入れも水で洗うことができ、扱いやすく刺激臭がない。現在では油性塗料とほとんど変わらない性能を持つものが増え、屋外使用に耐え得るものも多い。

    続きを読む

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る