1. シャモット

    しゃもっと耐火粘土を焼いて粉にしたもので、耐火レンガ用のセメントとして使用される。焼粉(やきこ)とも呼ばれる。

    続きを読む
  2. シャベル

    しゃべる穴を掘ったり、地面をならしたりする土工具。先端の尖った剣先タイプと、先端が直線の角型(平型)タイプが代表的。形状や大きさで、シャベルとスコップを区別することが多く、その区別ルールもさまざまあるが、本来は同義。

    続きを読む
  3. 漆喰(しっくい)

    しっくい消石灰にわらや麻のすさ(繊維を細かく切った骨材)と糊を混ぜ、水で練った左官材料。古くから壁の仕上げに使われてきた。水を混ぜるだけで使える配合済み漆喰や、より簡単に使えるエマルジョン系の漆喰風壁仕上げ材もある。

    続きを読む
  4. 支柱(しちゅう)

    しちゅう荷重を支える柱のこと。DIYにおいてはパーゴラやフェンスなどを支える柱をいう場合が多い。

    続きを読む
  5. 下穴(したあな)

    したあなクギやネジを打つ前にあけておく穴。「案内穴」、「クギ道」ともいう。キリで下穴を開けておくと、クギが曲がったり、板が割れることなく上手にクギを打つことができる。

    続きを読む
  6. 止水栓(しすいせん)

    しすいせん水道の配管の途中に設置されていて、これを閉めることで水流を止めることができる。立水栓を設置するときなど、この止水栓を閉めれば作業中は水を止めておくことができる。

    続きを読む
  7. 仕口(しぐち)

    しぐち、しくち2つ以上の部材を直角に接合する技法の総称。

    続きを読む
  8. ジグソー

    じぐそー本体から下に延びたブレード(刃)が上下して板を切削する電動工具。曲線切りや窓抜き、切り欠きといった作業に適している。

    続きを読む
  9. ジグ

    じぐ定規や型など、同じ寸法・形を繰り返し早く正確に仕上げるために使う補助具。また、斜めに切ったり、角度のある穴を開けるといった加工をガイドする装置。語源は英語ので、工作物を固定する道具をさす。当て字で「治具」とも書く。

    続きを読む
  10. シーラー

    しーらー下地処理用の下塗り塗料で、シミ止めや吸い込みの防止や、塗膜の乗りを良くするために木材の木地に塗る。また、コンクリートやモルタル面に塗って、シミやアルカリを止めたり、表面を補強したりするためにも塗られる。

    続きを読む

ドゥーパ!SNS

facebook









ページ上部へ戻る