1. 白太(しらた)

    しらた樹木の樹皮に近い部分で、心材に対して辺材とも呼ぶ。心材に比べ材の色が白く、強度や耐久性が劣るとされる。

    続きを読む
  2. 常緑樹(じょうりょくじゅ)

    じょうりょくじゅ1年を通して全落葉しない葉を持つ植物。マツ、スギ、ヒノキ、シイなどが代表的。

    続きを読む
  3. 定規(じょうぎ)

    じょうぎ寸法を測ったり、直線を引くときに用いる道具。DIYでは、傷みに強くカッターで切るときのガイドにも使うことができる金属製がおすすめ。

    続きを読む
  4. ショートポスト

    しょーとぽすと短い柱のことで、「束柱(つかばしら)」と同義。

    続きを読む
  5. 順目(じゅんめ)

    じゅんめ木目に沿って削っている状態のことで、削りやすく美しく仕上がる。「倣い目(ならいめ)」ともいう。

    続きを読む
  6. 樹種(じゅしゅ)

    じゅしゅスギ、マツ、ヒノキ、ケヤキなど、樹木の種類のこと。形状や用途で区別する「材種(ざいしゅ)」とは違う。

    続きを読む
  7. 重量ブロック(じゅうりょうぶろっく)

    じゅうりょうぶろっくJIS規格で区分される「空洞コンクリートブロック」でC種に分類されるコンクリートブロック。圧縮に対する強度がもっとも高い。一般的には2階建て以上の建築に使用され、DIYでも重量物の基礎に使われる。

    続きを読む
  8. 集成材(しゅうせいざい)

    しゅうせいざい薄い板材や小角材などを同じ繊維方向に長さ、幅を継ぎ合わせながら、一定の厚さに積層接着した材。天然材(無垢材)に比べ安定性や強度に優れる。

    続きを読む
  9. 集塵機(しゅうじんき)

    しゅうじんきいわゆる掃除機だが、作業用(業務用)の集塵機は、家庭用の掃除機に比べて集塵容量が大きく頑丈にできている。メーカーやモデルによって径が違うが、ホースを電動工具の集塵口に装着できるものが多い。粉塵専用モデル以外にも吸水できる乾湿両用モデルもそろっている。

    続きを読む
  10. 砂利(じゃり)

    じゃり一般的に、直径50㎜以下の石が集まったものを砂利と呼ぶ。採取地により、山砂利、川砂利、海砂利があり、コンクリート用骨材としては川砂利が広く使われてきたが、今では採取量が減って、砕石が多く使われる。

    続きを読む

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る