1. 下塗り(したぬり)

    したぬり塗装における下準備。下塗り用の塗料(シーラー、プライマーなど)を使い、材料の表面の保護や、この後に上塗りする塗料の食いつきをよくする。

    続きを読む
  2. JIS規格(じすきかく)

    じすきかく日本工業規格(Japanese Industrial Standards)の略称。JIS(ジス)またはJIS規格(ジスきかく)とも呼ばれ、工業製品のサイズや安全基準に用いられる。

    続きを読む
  3. 自在鉤(じざいかぎ)

    じざいかぎ囲炉裏やかまどの上からつるし、鍋などをつるし掛けることができるようにする鉤。火との距離を調節し火力調整などに用いる。

    続きを読む
  4. 軸組工法(じくぐみこうほう)

    じくぐみこうほう在来工法の別の呼び方。木造軸組工法の略称。

    続きを読む
  5. シェッド

    しぇっど物置のこと。人が過ごす空間を目的としない収納目的の小屋(物置小屋)を指す場合が多い。

    続きを読む
  6. シールテープ

    しーるてーぷ水道管や油圧の配管など、液体や気体の配管の接合部分に使用する、テープ状のシール材。接続部分にねじ切りがされていてもわずかに隙間が生まれるために、これを埋める為にねじ部に巻き付けて使用する。

    続きを読む
  7. シーリング

    しーりんぐ部材の継ぎ目や周囲のすき間を充填材で埋めて隠すこと。気密性を保ったり、水が漏れないようにする役割もある。埋めるための製品は、コーキング材、シーリング材などと呼ばれ、シリコン系、ポリウレタン系、アクリル系などがある。

    続きを読む
  8. 針葉樹(しんようじゅ)

    しんようじゅ細く、先のとがった針状の葉、またはうろこ状の葉を持つ樹木。建築・DIY用の材としてポピュラーな樹種。国内の針葉樹ではスギ、マツ、ヒノキなどが代表的。

    続きを読む
  9. シンプソン金具(しんぷそんかなぐ)

    しんぷそんかなぐアメリカ・シンプソン社製の、2×材による木工製作に特化した専用金具。種類が豊富なことと比較的安価なため広く普及している。建具用、ウッドデッキ用、家具用というように、各種専用シリーズがある。接合には専用のネジを使用する。

    続きを読む
  10. 心材(しんざい)

    しんざい樹芯に近い部分の木材。色が濃く赤色を帯びているため「赤身(あかみ)」ともいわれる。一般に樹脂が多く水分が少ないため、堅く腐りにくい性質を持ち、構造材に適している。

    続きを読む

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る