1. サーフェイサー

    さーふぇいさー下地塗料。建築塗装においては下塗りと上塗りの間に塗る中塗り用の塗料を指す。塗料の食いつきを良くし、塗膜を長持ちさせる。

    続きを読む
  2. サンルーム

    さんるーむ壁面、屋根をガラス張りにし太陽光を多く取り入れることができるようにした部屋。

    続きを読む
  3. サンディング

    さんでぃんぐいわゆるヤスリがけ(研磨)のこと。おもにサンドペーパーを使って木材や金属を研磨し、表面をなめらかにすること。この後に塗装を行うと仕上がりもきれいになる。

    続きを読む
  4. 桟(さん)

    さん①板が反るのを防いだり、補強するために打ち付けた横木。②障子や戸など建具の骨組み。

    続きを読む
  5. サネ、実

    さね板の側面側に付けた突起のこと。 木材同士を継ぎ合わせる際に凸型と凹型に加工し組付けをしやすくしたもの。床材や構造用合板などで、あらかじめ加工されたものが販売もされている。

    続きを読む
  6. 座ぐり(ざぐり)

    ざぐりネジやボルトを安定させ締め付けをよくするため、またはネジやボルトの頭を部材よりも低く沈めるために、部材の取り付ける部分を削って平らにしたり、穴をほること。

    続きを読む
  7. 逆目(さかめ)

    さかめ木目が逆のことや、木目に逆らって削ったりすることを指す。ささくれが出やすくなったりするので木目に沿って(順目)削ることが望ましい。

    続きを読む
  8. 座金(ざがね)

    ざがねボルト、ナット、ネジを締め付ける際にこれらの固着具と部材との間に入れ、部材を保護したり、なじみをよくしたり、締め付けの効果を上げるなどの目的で使用される薄い金属板状の部品。バネ状のものなどいくつか種類がある。

    続きを読む
  9. 在来工法(ざいらいこうほう)

    ざいらいこうほうパネルを組み合わせる2×4工法に対し、土台、柱、梁、桁などで全体の骨組みを作り、そこに壁を張るなどして仕上げる工法。日本の伝統的な工法に影響を受けた建て方で、さまざまな継ぎ手を使って組み立てるのが特徴。軸(柱)で構成されるので、軸組工法とも呼ばれる。

    続きを読む
  10. サイプレス

    さいぷれす豪州ヒノキ(オーストラリアヒノキ)とも呼ばれる針葉樹。ひび割れ、ささくれなどが目立つこともあるが、針葉樹の中では堅く、耐久性も高く、シロアリや腐朽に強いことで知られる。そのため、ウッドデッキ材としてよく使用される。

    続きを読む

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る