1. ゲンノウ、玄能、玄翁

    げんのうカナヅチの別名。木製の柄に金属の頭がついている、クギを打ちつけたり、ものをつぶしたりする際に使用する道具。

    続きを読む
  2. 剣スコップ(けんすこっぷ)

    けんすこっぷ先端がとがったシャベル(スコップ)。剣スコと呼ばれ、土を掘る、切るという作業に適している、ペイビングにおいては基本的な道具。ちなみに先端が平らなシャベル(スコップ)はコンクリートを混ぜたり、砂を運ぶのに適している。

    続きを読む
  3. 化粧合板(けしょうごうばん)

    けしょうごうはん表面に塗装や塩化ビニル樹脂などでコーティングがされている合板。塗装の手間が無く、建築物の内装や家具などの外装に、そのまま用いることのできる材料。

    続きを読む
  4. 研磨(けんま)

    けんま部材や組み上がった作品の表面を磨いて、滑らかにすること。

    続きを読む
  5. 現物合わせ(げんぶつあわせ)

    げんぶつあわせ材を組みつける際、書面や図面などに記されている寸法よりも、取りつけ相手のサイズや現状の物に合わせて修正・調整すること。

    続きを読む
  6. ケヤキ、欅

    けやきニレ科の広葉樹。製材した材の表面を磨くと光沢が出て木目も美しいため、古くから建築や家具に使われてきた。耐水性や耐久性も高い優れた材。

    続きを読む
  7. 罫引き、ケビキ

    けびき薄い刃先で材面に線を引く定規の一種。筋罫引き(すじけびき)が一般的で、これは木端面から一定の距離に直線を引くもので、棹(さお)と呼ばれる横棒を一定の長さに固定しておけば、同じ距離の直線を何本も引くことができる。

    続きを読む
  8. 毛羽、ケバ

    けば塗装時、木材の表面で繊維質が浮いてできるザラつきのこと。ニスを塗ると、ラワン材などは特にケバ立ちやすいので丁寧にサンドペーパーをかけること。

    続きを読む
  9. 結束線(けっそくせん)

    けっそくせんワイヤーメッシュや鉄筋同士を結ぶための針金。

    続きを読む
  10. 桁(けた)

    けた建物の骨組みの一種。柱上にかけわたして固定する水平方向の部材。通常、棟に対して並行になるのが桁、直交するのを梁(はり)という。

    続きを読む

ドゥーパ!SNS

facebook








ページ上部へ戻る