1. 切妻屋根(きりつまやね)

    きりつまやね屋根の頂点かつ中心である棟木から、両側に勾配のついた屋根を持つ屋根形式のこと。2面で構成される山型の形状をしたポピュラーな屋根。

    続きを読む
  2. 桐集成材(きりしゅうせいざい)

    きりしゅうせいざい桐の集成材。軽くて加工しやすく、DIY初心者でも扱いやすい。薄いものは強度(耐重性)に欠けるため使用箇所に注意する。

    続きを読む
  3. キリ、桐(木材)

    きりノウゼンカズラ科の広葉樹。軽く、加工性のよい木材で、湿気に強く、くるいも少ないため、古くから家具などに重用されている。木目は磨くと美しい光沢を出す。

    続きを読む
  4. 鏡面仕上げ(きょうめんしあげ)

    きょうめんしあげ金属の表面や塗装面を、コンパウンドなどを使用し磨き上げ、反射して物が映る鏡のように仕上げること。

    続きを読む
  5. 木槌(きづち)

    きづち打撃部分(頭部)が木製のハンマー。カナヅチに比べ柔らかくあたるため、対象物を傷つけることが少ない。大型のものは掛矢(カケヤ)などとも呼ばれ、組み立てや家屋の取り壊しなどに使用する。

    続きを読む
  6. キックバック

    きっくばっく丸ノコなどで起こる現象で、切断作業中に突然刃の抵抗が大きくなり、反動で丸ノコ本体が暴れ制御できなくなること。刃が木材にきつく挟まってしまうことが原因で起き、ケガにもつながるため、キックバックを起こさないよう注意が必要。

    続きを読む
  7. 基礎石(きそいし)

    きそいし構造物全体の荷重を受ける大切な部分。本来の基礎石の使い方は、小石を割栗石(わりぐりいし)のように地中に突き込み、そこに野石を置き、さらにその上に基礎石をセメント、モルタルで固定する。自然石のほか、コンクリート製品の基礎も基礎石と呼ぶ。

    続きを読む
  8. 切出し小刀(きりだしこがたな)

    きりだしこがたな工作用の小刀。片刃であることが一般的。鞘(さや)付きを小刀、鞘なしを切出しと、分けて呼ぶこともある。

    続きを読む
  9. 切り代(きりしろ)

    きりしろノコギリの刃の厚さの分だけ切り取られる幅のこと。アサリ(開き)の付いた横挽き刃は、そのぶん切り代が大きくなる。必要な部分が刃の幅で切り取られないよう、この切り代を計算に入れて切るようにしたい。

    続きを読む
  10. キリ

    きり木材に小さな穴を開けるための手道具。両てのひらで柄をもみ下しながら、鋭い刃先で穴をあける。刃の先端の形状によって「三つ目ギリ」や「四つ目ギリ」などがある。

    続きを読む

ドゥーパ!SNS

facebook









ページ上部へ戻る