1. 間伐材(かんばつざい)

    かんばつざい森林の成長過程で密集化する立木を間引く、間伐の過程で発生する木材のこと。さまざまな木の種類があるが、大きさや質が一定ではないため一般的な建築には向かず、割りばしや文房具などに使用されることも多いが、DIYerにとっては薪やログ材、手頃なサイズの作品づくりにと幅広く使える。

    続きを読む
  2. 寒水石(かんすせき)

    かんすいせき結晶質石灰岩(大理石)の石材名。砕石を庭に撒くなど建築、エクステリア資材として使われている。

    続きを読む
  3. 環孔材(かんこうざい)

    かんこうざい広葉樹の区別の一種で、水分を運ぶ導管が年輪に沿って環状に並んでいるものを指す。木目がはっきりと表れるのが特徴。ケヤキ、ナラ、キリ、チークなどが代表的。

    続きを読む
  4. 川砂(かわすな)

    かわすな川の底や河川敷に堆積してる砂。園芸用土の他、モルタルやコンクリートの骨材として使用される。

    続きを読む
  5. ガレージ

    がれーじ屋根付きの自動車、オートバイなどを駐車・収納・保管する建物。いわゆる車庫。壁のありなしでカーポートと区別することが多い。

    続きを読む
  6. ガルバリウム鋼板(がるばりうむこうはん)

    がるばりうむこうはんアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板の名称。ガルバと略されることも多い。アルミと亜鉛の両方の特性を持ち耐久性が高く、外壁や屋根材として使用されている。

    続きを読む
  7. 鴨居(かもい)

    かもいふすまや障子などの引き戸などを取りつけるために、上方に渡す溝付きの横木。

    続きを読む
  8. 框組み(かまちぐみ)

    かまちぐみドアなどの建具によく使われる技法の一つで、角材を方形に組んだ枠(框)内に板などをはめ込んだ作り方。

    続きを読む
  9. かぶり厚さ(かぶりあつさ)

    かぶりあつさ鉄筋コンクリートなどの表面から、中に入っている鉄筋までのコンクリートの厚みのこと。

    続きを読む
  10. 金ノコ(かなのこ)

    かなのこ金切りノコとも呼ばれる、金属を切断するためのノコギリ。近年は持ち手が共通のもので、刃を交換しレンガなども切断できるようにするなど材質によって使い分けができるようになっている。

    続きを読む

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る