1. ウリン

    うりんクスノキ科の広葉樹。ビリアン、アイアンウッドとも呼ばれるハードウッド材。非常に硬く重いため加工が難しいが、腐食にとても強くウッドデッキ材などで人気がある。

    続きを読む
  2. 埋め木(うめき)

    うめき木材の節や割れに木片を詰め埋めることや、木材同士の接合でネジ頭を隠すためダボ(丸棒)を埋めて見栄えよくする加工のことを指す。

    続きを読む
  3. うづくり仕上げ(うづくりしあげ)

    うづくりしあげ木材の加工方法の一種。木の表面を丁寧にこすり、木目を浮き上がらせ、はっきり見せるように仕上げたもの。木材を美しく見せ、耐久性を上げる効果もあるため、家具や建具の仕上げとしてよく使われる。

    続きを読む
  4. 打ち放しコンクリート(うちっぱなしこんくりーと)

    うちっぱなしこんくりーと塗装などの仕上げ工程を省き、型枠を外したままの状態のコンクリートをもって仕上げとする手法。シンプルな仕上げが逆にデザイン性を高め、モダンな住宅の外壁や内壁、天井によく使われるが、保護材を持たないため、雨風など管理には注意を払う必要がある。

    続きを読む
  5. ウォールナット

    うぉーるなっと日本で言うクルミと同じ、クルミ料クルミ属の落葉広葉樹。チーク、マホガニーとともに世界三大銘木の一つと言われている。衝撃に強く、加工性もある。色味の重厚感などもあり家具や構造材、床材など幅広く使用され、人気のある木材だが、現在では高級木材とされる。

    続きを読む
  6. ウエスタン蝶番(うえすたんちょうつがい)

    うえすたんちょうつがいスイングドアに使われる蝶番(ヒンジ)。ドアが常に閉じられるように内部にバネを持つものを指す。

    続きを読む
  7. ウエス

    うえす一般に「ウエス」は機械器具類の清掃に用いられる布切れを指す。DIYでは機械類の清掃だけでなく、塗装や接着などの作業で発生した汚れ・不純物などを拭き取ってきれいにするために用いる布全般を指す。古着や製造過程の端切れを使用していることが多い。

    続きを読む
  8. 裏足(うらあし)

    うらあしタイルなどの裏側につけられている凹凸で、モルタルやセメントの食いつきをよくし、接着力を上げるためのもの。

    続きを読む
  9. 埋め殺し(うめごろし)

    うめごろし土木作業を進行するときに、仮設したり支持に使った材料(型枠や土留め板など)を取りのぞかずに、そのまま埋め込んでしまうこと。

    続きを読む
  10. 馬目地(うまめじ)

    うまめじレンガ積みやタイル張りで、縦目地が1段ごとに、食い違うデザイン。馬踏み、ランニングボンドとも呼ばれる。

    続きを読む

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る