1. インチ

    いんちアメリカを中心に使用されているヤード・ポンド法の長さの単位。メートル法で換算すると、1インチは25.4ミリメートルとなる。DIY用の工具や資材では、当然ながらアメリカのものがインチを基準としていることが多い。

    続きを読む
  2. 芋積み(いもづみ)

    いもづみコンクリートブロックなどを積むときに、縦目地をまっすぐにそろえる積み方。目地は一直線になる。鉄筋が入るブロック積みではいいのだが、レンガ積みでは耐震性などにおいて強度上好ましくない。

    続きを読む
  3. イペ

    いぺノウゼンカズラ科の広葉樹の一種。腐りにくく虫害にも強い半面、硬く加工しづらい。その硬さから耐久性があるため、ウッドデッキ材として多く使われている。

    続きを読む
  4. 犬走り(いぬばしり)

    いぬばしり建物の外壁周縁部に設けられた細長い通路や平地部分。犬が通れるくらいの幅しかない道という意味合いから呼ばれる。主に砂利やコンクリートで作られ、家の周りに雑草を生えないようにしたり、地面で跳ねた雨水が外壁に付着・浸透したりしないようにする。

    続きを読む
  5. 糸ノコ(いとのこ)

    いとのこ糸のように細い刃を使ったのこぎり。板の中を切り抜いたり、曲線状に切るときに使用する工具。電動のものは糸ノコ盤と呼ばれる。

    続きを読む
  6. 異形鉄筋(いけいてっきん)

    いけいてっきん一般的な鉄筋のこと。コンクリートの付着強度を高めるために、表面に突起などがついているのでこう呼ばれる。

    続きを読む
  7. インパクトドライバー

    いんぱくとどらいばー“インパクト”の名前どおり、本体に内蔵されているハンマー機能で回転するドライバーの軸に打撃力を加えるため、ドライバードリルより大きな力でネジ締めのできる電動工具。ウッドデッキをはじめとするガーデンエクステリアなど、長いネジを多用する工作に適している。充電バッテリー式が主流。

    続きを読む
  8. インターロッキングブロック

    いんたーろっきんぐぶろっくコンクリート製のブロックで、突き合わせて組むデザインになっているペイビング資材。歩道や広場などの舗装によく使われる。

    続きを読む
  9. 色目地(いろめじ)

    いろめじ目地に色のついたもの。目地をアクセントとして目立たせたい場合に用いる。

    続きを読む
  10. 入り隅(いりすみ)

    いりすみ2面の交差部分で、内側にへこんだ角の部分のこと。

    続きを読む

ドゥーパ!SNS

facebook








ページ上部へ戻る