1. アングル

    あんぐる鋼材や樹脂の工作材料で断面がL型で長尺のものを指す。Lアングルなどといった呼び方もされる。

    続きを読む
  2. 暗渠(あんきょ)

    あんきょ地下に埋設された導水路。用水路や下水路などの蓋をしてある水路もさす。

    続きを読む
  3. アリ溝(ありみぞ)

    ありみぞ断面が台形(口が狭く下部が広い)の溝のこと。ここに台形のホゾ(アリホゾ)を作って継ぐのがアリ継ぎとなる。

    続きを読む
  4. アリ継ぎ(ありつぎ)

    ありつぎ2つの材をつなぎ合わせる際に使う技法の一種。アリ溝を作って木材を継ぐ方法。手工具で作るには高度なテクニックを要するが、トリマーやルーターとガイドを使えば手軽に作ることができる。

    続きを読む
  5. アラレ組み(あられぐみ)

    あられぐみ2つの材をつなぎ合わせる際に使う技法の一種。酒升や木箱によく見られる、交互に切り出した凹凸を組み合わせる方法。

    続きを読む
  6. アガチス

    あがちすナンヨウスギ科の常緑針葉樹。木目の細かい肌で、きれいな光沢を放つ。加工性は高いが、耐久性はあまり高くない。

    続きを読む
  7. アンカーボルト

    あんかーぼるとコンクリート基礎と土台、束柱などを固定するために、コンクリート基礎に埋め込むボルト。

    続きを読む
  8. 洗い出し(あらいだし)

    あらいだしペイビングや壁の仕上げに使う技法。小石(種石)をセメントと混ぜ合わせて下地に塗りつけ、硬化する前に水で表面を洗い、小石を露出させる。

    続きを読む
  9. あま

    あまセメントを水で溶いたセメントペーストのこと。タイルなどを張る際の下地に使われる。

    続きを読む
  10. アプローチ

    あぷろーち元は建物に向かう導入路のことだが、エクステリア作り・ガーデニングにおいては庭に作られる小道をアプローチと呼ぶこともある。

    続きを読む
▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る