2×4工法(つーばいふぉーこうほう)

< 戻る

つーばいふぉーこうほう
北米で開発された工法で、2×4材2×材)をメインの資材とすることが多く、このように呼ばれる。2×材で組んだ枠に構造用合板を張ってパネルにして組み立て、で強度を確保する枠組み壁工法。基本的に柱などに継ぎ手を加工する必要がないので、小屋や物置などを作る際、ビギナーに向いた工法ともいえる。
在来工法2×材

ドゥーパ!Twitter

ドゥーパ!facebook

ドゥーパ!Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る