間伐材(かんばつざい)

< 戻る

かんばつざい
森林の成長過程で密集化する立木を間引く、間伐の過程で発生する木材のこと。さまざまな木の種類があるが、大きさや質が一定ではないため一般的な建築には向かず、割りばしや文房具などに使用されることも多いが、DIYerにとっては薪やログ材、手頃なサイズの作品づくりにと幅広く使える。

ドゥーパ!Twitter

ドゥーパ!facebook

ドゥーパ!Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る