長押(なげし)

< 戻る

なげし
柱を水平方向につなぐ日本建築に見られる部材。柱間を渡すように組付ける横木。鴨居の上にかぶせたりもする。本来は構造材のひとつとされるが、現在では装飾的な意味合いが強い。

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る