長手(ながて)

< 戻る

ながて
長方形の枠組みや板材などの2辺の長いほうを長手(ながて)、短いほうを妻手と呼ぶ。曲尺(さしがね)やスコヤのようにL字型をしたものも同様に長いほうが長手で、短いほうが妻手となる。木は木目に対して縦方向に引っ張られることに対しては強度はかなり高いが、横方向になると弱く、とたんに強度が落ちてしまう。木取りをする場合、木目に沿って縦方向を長手にして材を取ることが原則となる。

ドゥーパ!Twitter

ドゥーパ!facebook

ドゥーパ!Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る