遣り方(やりかた)

< 戻る

やりかた
基礎工事の前に基礎配置、柱の中心、高さなどを表示するために設置する仮設物のこと。仕上がりの外周からひと回りほど外側の四隅など要所に杭を打ち、高さを示す板など打ちつけ、板と板の間に水糸を張るのが一般的。
水糸

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る