芯芯、芯々(しんしん)

< 戻る

しんしん
建物の積や長さを測る際に使われる、柱や壁部材の中心から中心までや通り芯の間の長さのこと。建築図などでは芯芯の寸法で表記されることが多い。これに対し、柱の内側同士の寸法を内法、外側同士の寸法を外法という。
内法外法

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る