組み手(くみて)

< 戻る

くみて
二つの部材を組んでつなぐときの仕口(しぐち、しくち)。クギと接着剤しか接合法のなかった時代に、建具などの部材をより強くつなぐために考案された技術。ネジによる接合が一般化されたため意匠としての性格が強いが、家具製作に用いられるホゾ組みや、はぎ合わせなどは現在でも一般的に使われるテクニック。

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る