節(ふし)

< 戻る

ふし
材と材の継ぎ目という意味もあるが、たいていは木材の中にできる茶褐色の円形の部分を言う。木が大きくなる中で枝の根本の部分が幹に飲み込まれてできるもの。節の部分は硬く加工がしづらかったり、抜け落ちてしまうことがあるため注意する。

ドゥーパ!SNS

facebook









ページ上部へ戻る