白華現象(はっかげんしょう)

< 戻る

はっかげんしょう
レンガコンクリート、モルタルなどの表に、結晶化した白い物質のこと。正体は水酸化石灰と炭酸ガスが化学変化を起こした、炭酸カルシウムの結晶物質で、劣化によって起こるとされる。「エフロレッセンス」とも呼ばれる。 
エフロレッセンス

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る