廻り縁、廻縁(まわりぶち)

< 戻る

まわりぶち
壁と天井の突き当り、境目の縁取りをしている細長い部材。おもに境目の見栄えをよくするために使われるが、あえて表から見えないようにした隠し廻り縁といったバリエーションもある。木材や塩ビ材などの種類があり、デザインも様々なものがある。

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る