尺貫法(しゃっかんほう)

< 戻る

しゃっかんほう
主に日本で使われていた長さ・積・質量などの単位系の一つ。1尺は約303㎜。DIY、建築においては3尺×6尺の「三六(サブロク)」(=約91cm×182cm)などが用語として使用頻度が高い。
三六

ドゥーパ!Twitter

ドゥーパ!facebook

ドゥーパ!Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る