基礎石(きそいし)

< 戻る

きそいし
構造物全体の荷重を受ける大切な部分。本来の基礎石の使い方は、小石を割栗石(わりぐりいし)のように地中に突き込み、そこに野石を置き、さらにその上に基礎石をセメント、モルタルで固定する。自然石のほか、コンクリート製品の基礎も基礎石と呼ぶ。専用品ではないコンクリートブロックを使用する場合もある。
束石沓石

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る