在来工法(ざいらいこうほう)

< 戻る

ざいらいこうほう
パネルを組み合わせる2×4工法に対し、土台、柱、、桁などで全体の骨組みを作り、そこに壁を張るなどして仕上げる工法。日本の伝統的な工法に影響を受けた建て方で、さまざまな継ぎ手を使って組み立てるのが特徴。軸(柱)で構成されるので、軸組工法とも呼ばれる。
2×4工法

ドゥーパ!Twitter

ドゥーパ!facebook

ドゥーパ!Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る