ペンキ

< 戻る

ぺんき
本来は油性塗料の一種で、木材や金属を着色する塗料全般をよぶこともあるが、塗膜を作り材を保護する性質がある塗料の総称として使われる場合が多い。水性と油性があり、油性タイプでは専用の「うすめ液」が必要となり、水性のほうが扱いやすい。塗膜の強さは水性よりも油性のほうが優れている。

ドゥーパ!Twitter

ドゥーパ!facebook

ドゥーパ!Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る