チギリ

< 戻る

ちぎり
無垢材(一枚板)に出てしまう割れや節の隙間に埋め込む木片。またはその技法のこと。割れの進行をくい止めたり節を埋める目的のほか、意匠的なアクセントに用いることもある。広義での継ぎ手の一種といえる。埋め込む木片は蝶ネクタイのような形が一般的だが、割れを防ぐことができれば、他の形でも構わない。
継ぎ手無垢材

ドゥーパ!Twitter

ドゥーパ!facebook

ドゥーパ!Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る