カンナ、鉋

< 戻る

かんな
木の台に刃を斜めに仕込み、材の表を削って平滑にしたり、面取り(角を削ること)などに用いる手道具。平らに削る平ガンナ、直線に削る長台ガンナ、しゃくり削りに用いる際(きわ)ガンナ、溝を削る溝ガンナ、曲を削る外丸ガンナ、内丸ガンナ、反り台ガンナ、南京ガンナなど、用途に応じてさまざまな種類がある。さらに、刃が1枚の一枚ガンナと、逆目を止めるための二枚ガンナがある。

facebook

Instagram

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る