じゅらく壁(じゅらくかべ)

< 戻る

じゅらくかべ
和風建築の土壁の仕上げの一種。語源は京都の聚楽第(じゅらくだい)の跡地で取れた色土を使った壁のことで、茶褐色の土を使った壁に用いていたが、近年では仕上げの綺麗な土壁のことを言うこともある。

▼『ドゥーパ!』Facebookページ









ページ上部へ戻る